母から娘へ、本音ベースのラブレター🌹

執筆業の母が、人生を豊かにするための小さなコツを愛を込めて綴ります💌

損な性分です

春は、就職活動中の学生さんも、
見かける季節です。

秘かに気になっているのは、
よく指摘されるリクルートファッション。

同じ色の、同じようなデザイン、
コートに身を包み、
何かの記事で、
「クローン出現」と表現されたのも、
妙に納得してしまう姿です。

仕方ないところもあるとはいえ、
あれ、なんとかならないものなのでしょうか。

きちんとした格好でいくのは、
当然ですが、
クローンと評されるほど、
寸分違わない格好の人々の集団は、
なんだか居心地の悪さを感じてしまいます。

まあ、今日の面接は何を着ていこう、
と悩む労力や時間を節約できる、
と考えれば、制服と一緒のことですし、

面接官にとっても、
その方が、求める個性や才能を
見つけやすいのかもしれません。

なのに、妙な抵抗感があるのは、
我ながら、なぜだろう、とは思います。

かつて、一時的にあなたのお受験を考えたとき、
同じような理由で、
母のほうが挫折したことを思い出しました。

面接でもなく、ただ説明会にいっただけですが、
みんながみんな、
揃いも揃って、ばかみたいに(失礼!)
上から下まで、親から子まで、
コピーのように、
同じ格好をしているのをみただけで、
生理的に受け付けず、脱走してしまいました。

ちなみに、母親は黒のワンピースに、
黒のヒールのあるスリッパ、
黒いバッグ、ばかりで、

全然違うスーツ姿なのは、
講堂に集まった数百人のうち、
母を含めて、3名ほどでした。

こんな仲間に入りたくない!
と感じてしまいましたが、
これを順応性が低いともいうのでしょうね。

実は、自分が深く関係していた学校で、
そこの先生たちとはそれなりに親しく、
教育内容などには、不満はなかったのですけどね。

広告を非表示にする

イノベーションの起こし方

初々しい生徒さん、学生さん、
新入社員の皆さんの姿が、
あちこちで見かけられる季節です。

新たなスタートで、
楽しい未来を思い描き、
力がみなぎっている人もいれば、

不安や緊張で、固くなり、
家に帰ってくると、
どっと疲れが出て、ベットに倒れ混む、
という人もいるかもしれません。

これから、いろいろなことが起こるとともに、
慣れやその他の出来事で、
当初の気持ちを忘れてしまうことでしょうが、

気持ちはともかく、
こういうときに、目にしたさまざまなこと、
特に、何か違和感をもったことは、
忘れないようにしておくと、
後々役にたつ可能性があります。

初めて接して、不思議だと思ったこと、
驚いたこと、
理由はわからないのに、
周りがなぜか当たり前のようにやっていること

そうしたことは、
理由を知ることで、目からうろこ、
という状態になることもありますし、

何か大きな改革や、
新たなアイディアを求められるような
立場になったとき、
かつて、新人だった頃に、
何気なく抱いた違和感が、
大きなヒントになることがあるからです。

そういう小さな種子から、
イノベーションは生まれることが多いのですよ